議席数に応じた中元すず香

 断念の美学/未来を捨てた数だけ人は輝く

だったら中身だけ置いてってください

賭けてもいいが、君たちの中に宝塚ファンはいないだろう。天才女優・咲妃(さきひ)みゆ *1が退団してからあまりのショックに遠ざかり、今はただの咲妃みゆのファンにスライドしてしまったが、私は元々宝塚(特に雪組)フリークでした。*2

宝塚の魅力についてここで話してもたぶん誰にもわかってもらえないだろうから無駄なことはしないけど、100年以上の歴史があって、もはや伝統芸能と言ってもいいし、演劇や演芸について非常に勉強になるので、1回くらいは話の種に行ってみても損はしないことは保証します。

ひとつわかりやすい(下衆な)魅力としては、「近い」というのがあります。運よく最前列の席なんかが取れると(そんなに稀なことではない)、大スターが本当に目の前を歩いていきます。ときどき客席に降りてくると、こっちが足を出せばつまづいてひっくり返る距離まで接近します。最前列の私の真ん前で早霧せいな(咲妃みゆのときの男役トップ)が立ち止まってセリフを喋ったこともあります。せいぜい50センチくらいしか離れてません。死ぬかと思いました。もちろん手を出せばさわれます。触ったらその場で逮捕されますが、ニオイは嗅げます。またいいニオイがするのです。私はいつも銀橋を歩く咲妃みゆのニオイを嗅ぎに行ってました。

銀橋(ぎんきょう)というのはオーケストラピットの前に渡されてる細い舞台というか通り道のことですが、レビューなんかで団員がずらっとその銀橋に並んで歌なんか歌われてごらんなさい。前列から見上げたときの迫力は、他の演芸ではゼッタイに味わえません。あのように色彩がものすごく、スパンコールもふんだんに使っていますし、フィナーレでは盛大に羽根も生えますので、猛烈な圧迫感です。一生忘れられない体験になります。

宝塚では、手拍子はしっかりと心をこめて打ち鳴らさねばなりません。そうでもしなければあの圧迫感に対抗できないということもあるし、やはり私はあの人たちを心から尊敬しているので、自然に力がこもります。私は拍手と柏手(かしわ手)の音には自信がありますので、毎回手が腫れます。そして生演奏というのも大きな魅力です。開演前の「パーラパラパラパラ」とか「トン、トコトン」みたいなウォーミングアップの雰囲気に心が踊ります*3。プロなんですから練習はおウチで済ませてくるようにお願いしますとか思いますが。ちなみにやはり宝塚フリークの北川景子ちゃんがときどき観に来るらしく、気さくにお話とかもしてくださるようなのですが、残念ながら私は遭遇したことがありません。宝塚について話していると、なんだか私までお行儀がよくなってくるのが不思議です。でもニオイは嗅ぎます。

宝塚は歌に関しては個人差が非常に大きいのですが、ダンスはさすがにみんなすばらしくて見飽きません。歌も踊りも演技も達者(演技は神懸かり)な咲妃みゆなどは、舞台の上の一分一秒が伝説でありました。「会いに行けるアイドル」は、ずっと昔から宝塚で実現していたのです。そして当たり前ですが宝塚には演目というものがあるので、そのたんびにまったく違った咲妃みゆが見れるわけです。前半のお芝居と後半のレビューでも全然違う人間になるし、レビューの中だけでもさまざまな顔を演じ分けます。

つまり、「BABYMETAL=SU-METAL」っていう一つの演目だけを延々と見せられて、宝塚フリークのおれが満足するわけねぇだろ、もっといろんな中元すず香があんだろう、そりゃあただの中元フリークにスライドもするぜってことを言いたかったのです。君たちは本当にすず香先輩を必要としているのか、ただBABYMETALがあって近所でライブとかやってくれて、みんなで盛り上がってひとつになって、ああBABYMETALの伝説の一部になったぞとか言って家路につければいいのか、そのときすず香先輩はどこにいるんだ、去っていく君たちの背中のずっと後ろで、BABYMETALはまだ続いているのか、そんなものは君たちの都合で出たり引っ込んだりしてるだけじゃないか、おれに必要なのは中元すず香だけだとか、言いたいことはそれだけか。

ちっともお行儀よくありません。好きだけど言うことはききません。命令には従いません。その手には乗りません。メイトさんたちのほうがずっと聞き分けがいいです。

 

*1:「演じること、歌うことが大好きです。」っていうフツーすぎるプロフィールが恐ろしい。その「演技」と「歌」のレベルが問題なのである。普段はぽよんとした人なんだが、舞台に立つともののけになって、直接心臓を取られます。そういうところは誰かに似ている

*2:もうひとり未涼亜希という、トップにはならなかったけどとんでもない男役の天才がいて、私はその人から芸能に対する概念を変えられるほどの衝撃を受けたのですが、ここで宝塚について喋っても不毛なのでここまでにしますが喋りたい。

*3:開演前に宝塚劇場の係員が「前かがみになっての観劇はご遠慮ください」みたいな注意をするが、あれはだめだな。"前かがみ" の定義が人によって違ったらどうすんだ。「上演中は背中を座席に付けて御覧ください」と言えばいいのだ。

f:id:lookwho:20170606083432p:plain