べびーめたる趣味 BABYMETAL-minded

普段使いのBABYMETAL/すり減らす女

イニシャルはKY

 Metal Hammerが廃刊の危機にあるらしいが、BABYMETALの具体的な犠牲者がついに現れたということだろう。メタル雑誌がBABYMETALに肩入れしたら、メタルに忠実であればあるほど、自家撞着に陥ることは自明の理である。しかもシャレではなく本気で持ち上げてしまったのは、あまりにもナイーブと言うしかない。"Smashing Boundaries" とか、BABYMETALに呑気な見出しをつけてるうちに、自分らが真っ先に粉砕されたことになる。

 即効性があったとしても、ゼッタイに手を出してはならないクスリがある。Metal Hammerは毒杯をあおってしまったのだ。前にも言ったが、BABYMETALはメタルを使いながらメタル的なものにトドメを刺す方向で命を持ったプロジェクトである。メタル側がそれに気づかない限り、メタルの無意味化、民族浄化、ジェノサイドはそのまんま進行する。BABYMETALがメタルとは何の関係もない工芸品だって認識すれば、その時点で崩壊は免れるはずだ。問題はBABYMETAL自身がいつのまにかメタルに肩入れしていることだが、それはまた別の話である。

 邪気も悪意もない娘っ子が「メタリカさん」「アイアン・メイデンさん」と親近感を露わに口走った瞬間、言葉のレベルからメタルの無意味化が始まるわけだが、日本語の世界がわからないMetal Hammerには、「なんや知らんけどメタルに味方する感心な娘ども」にしか見えなかったのも無理はない。

 しかし中元先生にとってはHammerさんも「ハリーさん」も同列であった。

 BABYMETALのイニシャルは「BM」ではなく「KY」である。徹底して空気が読めないところに、世界で一番硬いBABYMETALのダイヤモンドがある。ハードロックやパンクやメタルにアイドルを乗っけることは日本のお家芸だし、それはゴールデン・ハーフの時代から連綿として続く伝統であると言ってもいいが、そういう存在が「品性」みたいなものを獲得したことはなかった。BiSHでもBAND-MAIDでもいいし、BABYMETALのセカンドなんかと比べたら、少なくともおれにとってはFRUITPOCHETTEのほうが聴いててぜんぜん面白いが*1そもそもそんなところに「品」などは求められていない。下衆でいっこうにかまわない。むしろ気取らない普通の人間として振る舞えば、気持ちよく自然に下衆になれる。しかしそれは下衆の予定調和であって、ハードでダークな音楽の世界で本当に暴力的で破壊的な威力を持つのは、いっこうに空気が読めない「品」である。それを、無意識で無自覚で前後不覚の小児的な暴虐として、また命のかたまりがデフォルメなしで等身大のまま衝突してくる暴走機関車として、初めて表現したのが中元すず香であった*2*3

 破壊神は無自覚であるから神になれる。そのまんま行って、いろんなものを壊しておくれ。アオるとか、つまんない自覚で下衆の真似なんかしなくても大丈夫だから。BABYMETAL の "戦い" とは、高潔であるための戦いであろう。むしろ呆然と立ち尽くすほうが君にふさわしい。「ひとつになるな、一人になれ」。君は美しい人なのだ。

 

 

We're part of the fire that is burning
And from the ashes we can build another day

 

 

BABYMETALが「メタルなんか大ッキライ」って言ってくれたら、メタル好きの私は「そーだよなー」って深く納得します。

ずっと期待してたのに結局言ってくれなかったので、
その点は私にとって大きなマイナスポイントになりました。
メタリカがどうだとか、メタルに中途半端なシンパシーを持たれるくらいなら、
いっそ「アンティモさんステキ」とか言ってほしかったです。
Last Days of Humanityさんとコラボしたいとか。
...... やめときましょう。メタルなんかには関わらないのが一番です。

 

*1:FRUITPOCHETTEは、菊地最愛のソロ曲の代わりに聴いてるようなところもある。最愛だったらもっと曲が活きるのにとか。

f:id:lookwho:20170122013831j:plain
美人に撮れたと思います

*2:BABYMETALはユニットとしての戦略に基づいてなんやかや動いているが、そういうことには関心がない。また「神バンド」は賢明にもバックバンドに徹していて、グループとしての表現はあえて何もしていないので、そのプロ根性と心意気に敬意を表して黙殺する。そして中元すず香だけを注視している。あの表現は、音楽業界の文脈で言う「歌」ではすでにない。じゃあなんだっていうのをずっと考えてきて、一人で苦しんでるだけである。しかし少なくとも、「メタル」という眼鏡をかけて見てしまったら、その瞬間から何にもわからなくなることは確かだと思う。中元すず香の「語り」は、特に最近はメタルとも一般的な「歌唱」とも次元の違う道を進んでいるように聞こえる。この人には「歌うための声」「歌うときの声」というものがない。喋るのと歌うのとで、声の縦 × 横 × 高さ、質と感触と奥行がおんなじなのだ。「そのまんま来る」。カタマリで来る。押すと跳ね返ってくる。いいところもイヤなところも全部来る。もともと歌が上手いとか下手だとかいう言い方は的外れで無意味だったが、いよいよ既製の評価軸では1立方センチも中元すず香を受容できなくなってきた。ただ誉めるだけでは中元すず香を褒めたことにはならんのだが、そこんところがなかなかわかってもらえない。

*3:BABYMETAL最大のキーワードは "Tenderness" である。そういう感触をメタルの世界に持ち込んだ前例がないのは当然だが、この Tenderness は主に中元すず香のパーソナリティーによるものだから、メタル以上にキッツイ世界であるアイドル業界にも似たものは転がっていない。メタラーとアイドル好きではアプローチが違うと言っても、心の底でBABYMETALに見てるものは結局おんなじで、この Tenderness というパーソナルな慈愛にヤラれているのである。あれ、中元すず香暴走機関車じゃなかったのか? そうですよ。暴虐なひとりエクストリームメタルだけど、この暴走機関車は中までウレタン製だから当たっても痛くない。イタいのは中元信者をやめられない私だけである。

f:id:lookwho:20170606083432p:plain