ヤマイだれ

 べつにブログに書くこともなくなったのでTwitterに移行しようと思ったんだが、以前からツイートというものがどうしても書けない。何年も前からアカウントは作ってあるのに、ピクリとも動かない。過去に何度か書き始めたことはあるが、2回ぐらいしかツイートが続かない。何かを思いついてパッと書くということができない。だからおれのアカウントにはフォローしてるツイートがずらずら並んでるだけである。これもある種のコミュ障のあらわれではないかと疑っている。

 ブログというものも、gooだのYahooだのアメブロだのを入れると10年以上やっているが、いまだによくわからない。だいたい、何か書くと必ず日付が入ってしまうところがいやだ。ブログは文字どおりログなんだから当たり前なんだろうが、べつに日誌を書いてるわけじゃないんだから、日付なんかには何の意味もない。日付を非表示にできる機能がついてればいいんだが、それもよくわかんないから、とりあえず日付は無視している。前に書いたものの加筆・修正も自由にやってるし、盆栽みたいなもんである。便宜上日付の古いのと新しいのがあるとしても、章立て程度の意味しかない。

 だからブログに書いてることは基本的にぜんぶ「現在」である。なんとなく時間の経過が感じられるのは「純度100%菊地最愛推し」から中元がどうだとか言い出すようになったところだが、実際には最愛推しになってから1年ぐらいはBABYMETALについて何も書いていない。ことさら何かを書きたいとも思わなかったのである。ブログのテーマは別にあったし、Twitterを前にすれば沈黙してしまうし、さっぱりとしたもんだった。

 ところが中元すず香という人が皮膚の下でヌルヌルと這い回りだす嫌な予感がするなと思ったら、突然BABYMETALについて文字が書けるようになった。つまりこのブログを始めたときから中元すず香は織り込み済みだったことになる。「いずれそいつはやってくる」という予感がベースになっている。

 しかしサッパリさわやかきくちもあとはあまりに質感が違う。こないだの東京ドームでも、目の前で「どーしよっかなー」をやられたときは「も"あ"~~~」な気分になったが、SU-METALとかいう人が近づいてくると、何か本能的に危険を感じるのか、自分の体が固くなるのがわかった。しかも最愛に振ると見せかけて自分が「うぃーあー」とか、黒い最愛を手玉にとるイケズである*1

 もうBABYMETALなんかうんざりだし、もっと上手い歌が聴きたいし、鈴木杏奈は可愛いし、小鳩ミクのポージングは天才的だし、アタマの中では本質的なBABYMETAL批判をおびただしく展開しているのだが、ここ3日ぐらいは「LIVE AT BUDOKAN -RED NIGHT-」がヘビロテである*2*3。ぜんぶ中元すず香のせいだ。BABYMETALがウザいと思う原因も、批判の矛先も、イヤなのに縁を切れない病因も全部である。BABYMETAL総体は歌謡曲の範疇に収まる至って平和な存在だが、本源的な意味で暴虐な中元すず香は、かなり致死量に近い「ひとりエクストリームメタル」である。胸ぐらをつかんで壁に押し付けるような、こんな暴力的な表現を許してはならない。加減というものを知らんのか。苦しいではないか

 

*1:そして調子ぶっこいたその顔つきをナマで目にした思い出だけでジジイは生きているのである。

*2:これのハイライトは、イジメダメゼッタイの「これ以上ぉ もう君のぉ」の部分であろう。
ここまで陵辱的で美しいビブラートはなかなか聞けるものではない。そこだけ200回はリピートしたぞ。
殺す気か。

*3:そういえば、もうひとつ200回リピートしても止まらなかったものを思い出した。
水野由結のヘドバンギャだ。しかし水野君はどうにもイジりづらいのである。なんとかしたいと考えている。

f:id:lookwho:20170606083432p:plain