読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALいのち

「ナカモトっていいじゃん」としか言ってないので読む必要ないです

元旦からやる気なし

 

言いたいことはだいたいもう言ってしまったので

新年のスタートにふさわしく後ろ向きな消化試合に入ります

 

 

*BABYMETALを知るきっかけになったブログ記事

 人間観察の目的でこのアメブロを定点観測してなかったら、BABYMETALとの遭遇はもっと遅くなっていたでしょう。本当に好きで聴くようになったのはさらに後ですけど、中元すず香という人の存在価値に気づくまで、どっちにしても2年かかったことになります。大器晩成ですね中元さんは。いえわたしの目と心が曇ってただけです。

 

 

*今年もぜったいに使わない言葉

「ベビメタ」

「参戦」

 カミさんはほぼ常に「ベビメタ」と言います。すごくイヤです。わたしはどんなに焦っていても、「べびーめたる」と言わなければ気がすみません。ブログでは、地の文でうっかり1回だけ「ベビメタ」と書いていたので、あわてて修正しました。

 なんだろう、語感もイヤなんだけど、「ベビメタ」と言うことで生まれる、人とのヌルイつながりというか、何かの仲間になるみたいな感じが気持ち悪い。「参戦」もそう。みんながそう言ってるからといって、なぜあなたもわたしも「参戦」しなければいけないのでしょう。「ライブに行っちゃいました<3(はーと)」でいいじゃないですか。そもそも、戦いだか祭だか知りませんが、そういうワサワサしたものにヤル気をむき出しにして飛び込んで、悦びを感じる趣味はわたしにはありません。ただBABYMETALを生で聴きたいだけです。

 それから「メイト」というのも禁句です。同じものが好きだからといってお友達になれるわけではありません。でもさくら学院の「父兄」はわりと好きです。父兄はあくまでも父兄であって、無条件に同好の士であるとは定義されていませんから。教室の後ろで棒立ちになって黒板を見つめているだけです。*1

 自分の中のこういう区分けには、何がしかの審美的な意識が働いていると思いたい。 

 そのくせ「デロリアン*2とか「ドキモ」とか平気で言ってるので、一貫性とか矜持みたいなものはまるでないです。

 

他にもいくつかあったけど思い出したらメモしとく。

三姫

彼女」(気色悪い。おれは「彼」「彼女」は日本語とは認めない)

彼女たち」(背中の毛が逆立つ。日本語を凌辱するものである。「彼」「彼女」を好んで使うのは野暮な田舎者であると決まっている)

「アイドルとメタルの絶妙な化学反応

誕生日おめでとう」(何か言ってるようで何も言ってない。「ご冥福をお祈りします」と入れ替わっても気づかない。心理的な距離が遠い、特段関心がない人間に対して形式的に使う言葉である。おめでとうの中に気持ちを押し込むのは大変なはずだが、12月20日にはそれを簡単にやってのける人たちをたくさん見た。皆様あけましておめでとうございます。)

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 しかし今年もBABYMETALをダシにして大騒ぎするメタラーが続出するのかと思うと力が抜ける。腑抜けたメタルを救ってやらねばならぬ義理など、中元すず香にはない。ちょっと遊んでもらっただけでヤニ下がって、おねだりに際限がないようなえせメタラーは、あさましい餓鬼でしかない。日陰者には日陰者の美学があろう。BABYMETAL排斥運動のひとつもやってみたらどうだ。返り討ちにされるのがオチだろうが。

 

 そんなに魅力的か、SU-METALは。

 わかるぞ。

 

 

 あとそれから、今年はヨーロッパがアメリカ進出のための踏み台にされそうなイヤな予感がするんだけど、今さらそれだけはやめてね。

 大事なBABYMETALに "We Are The World" と同じ轍を踏ませる気か。もう少しましなストーリーを用意してあげてもいいんじゃないのか。

 

 

*1:「メイト」とか言いながら、表現方法や感性やノリが違う相手は平気でシカトしちゃう人が多い印象があります。おれのほうがよっぽど人懐っこくてオープンな人間な気がしてきた。

*2:中元さんが可愛いからに決まってます

f:id:lookwho:20170122001948j:plain