べびーめたる趣味 BABYMETAL-minded

普段使いのBABYMETAL/すり減らす女

生き人形 < メタルは口うるさい親戚みたいなもん >

 BABYMETALが「可愛いアイドルがメタルやってるから面白い」っていう感覚は、おれにはないね。あの3人はべつに「メタルをやって」なんかいないし。メタルっていう既存のジャンルに頭下げて入れてもらってるわけじゃない。メタルのことなんか毛ほども知らなくたって、SU、YUI、MOAはまったく困らない。知らないよりは知ってたほうが仕事は楽しくなるかもしれんが。

 作り手がどう思ってるかなんておれは知らない。たしかにメタルに対して何らかのリスペクトがあるからああいう曲が作れるんだろうし、神バンドはメタル以外のなにもんでもないが、それはそれだ。こっち側から見える景色では、完全にBABYMETALの3人が主(しゅ)で、メタルは従従従のそのまた従ぐらいだからな。「ディーってなんだろ、ディーってなんだろ、でぃーでぃーでぃーでぃー」程度のもんだ。

 3人のパフォーマンス集団がいて、一つの演目のモチーフとしてHEAVY METALを選んで力いっぱい演じてるうちに、気がついたらロングランになってたんだなっていう印象のほうが強い。ABBAを題材にしてミュージカル "Mamma Mia!" を作ってみましたっていうのと似てる。ミュージカルということなら、"Tommy" なんかがもっと近い。"Hair" でもいいが。あるいは "DREAMGIRLS" のステージシーンが延々と続くイメージだな*1

 BABYMETALは今や神バンドのおかげでゴリゴリのロックバンドのギグって感じになってるが、3人が本来持ってる特性はどっちかっていうと演劇パフォーマンス寄りだろ。YUIMETALとMOAMETALが必死になって作り上げた世界観を、SU-METALが腕のひと振りでぶっ壊すカタルシスがBABYMETALのキモだとおれは認識している。ゆいもあは完全に洗練された滑らかな動きでスキがなく、同時に極めて人間的だが、すぅは出てきたときからもう「様子がヘン」。制御が狂った暴虐な生き人形である*2。その暴虐性をわかりやすく見せるベースとして、メタルがうまいことハマっただけの話だ*3

 BABYMETALの「メタル」はそんな感じだから、BABYMETALをきっかけにメタルに興味を持ってくれたらいいとか、昔聴いてたメタルに復帰しましたとか、BABYMETALはメタルなのかメタルじゃないのかとか、BABYMETALはメタルの救世主*4だから業界を挙げてサポートしようとか、メタル雑誌が色めき立ったりとか、あまつさえメタルが「市民権を得て」ほしいとか、どこでそういう発想とリンクしてるのかわからない。BABYMETALと関係ねーじゃん。水も土壌も温度も日照時間もまったく違うのに、なんでスカーッと直線道路でつながっちゃうかなあ

 BABYMETALは、メタルをネタにしたアイドルっていうスタンスでいいのである。換骨奪胎」という一言で済んでしまう話なのだ。しかし色気を出した海外のメタル業界が「君たちをメタル世界の一員として、アーティストとして迎えよう」みたいなアプローチをしだしてから、少しずつ、何かが違うなっていう雰囲気は生まれてると思う。それは「勘違い」という一言で片付けていいはずのものだが、そこらへんの距離感がわからない海外ファンの勢いに押されて、日本のメタル好きのオッサンまでが狂いだした。

 BABYMETALは音楽的にはメタルでも、文化的にはメタルとは隔絶した場所にいる。「BABYMETALはメタルではない」と言っているアンチは、その意味では非常に正しいのだ。"メタル" が音楽だけの話では終わらないことがよくわかっている。「メタルではない」と言われてなぜ怒る必要があるのか*5むしろ「よかった。わかってくれて」って言うべきだろう。"メタル" なんかといっしょにされてたまるかという話である。あくまでもBABYMETALが主人でメタルが従者なのであり、メタル業界がメタルの分際で鷹揚に構えて、「ういやつじゃ、素直に言うことを聞いてるようだからメタル帝国の末席に加えてやろう」みたいな態度に出ているのは片腹痛いのである。BABYMETALのような美しいものは、本来であればメタラーの目になど天地開闢未来永劫、けっして触れるはずのないものだ。同じ空気を吸おうなど言語道断である。

 私ら受け取る側がメタルのペースにハマってはいかんのである。どこのフェスに出ただの、どこのメタルゴッドと写真を撮っただの、どこのメタル雑誌やメタル系サイトで取り上げられただの、どれも楽しい話ではある。しかし硬直したメタル業界に都合がいい文脈に、なにも私ら聴衆が率先してBABYMETALを引き戻す必要はない。BABYMETALについて一番中身のあることを言ってるのが『ヘドバン』であったとしてもだ。BABYMETALはプロデューサーの意図とは関係なく、メタルを使いながらメタル的なものにトドメを刺す方向で命を持ったわけでしょ。

 何度でも言うが、BABYMETALはメタルっていう既存のジャンルに頭下げて入れてもらってるわけじゃない。BABYMETALは "メタルという大きな存在" に戦いを挑んだり風穴を開けたりするイタイケな少女なんかではない。初めっから決着はついているのである。あとはただ、中元すず香菊地最愛水野由結という3人の人間と、その可能性だけを見ていればいい*6

 メタルは音楽的な素材として面白いのでどんどん使えばいいが、メタル業界からのフリーダム=精神の自由をちゃんと確保して、どんな思惑にも侵されないユートピアを維持していけるかどうかが鍵だろう。BABYMETALの3人は、メタラーのための供物ではない。束縛からの自由を謳うメタルが、人を束縛してどうする。

 BABYMETALは自分からメタル界に擦り寄る必要なんかないし、メタル界は勝手にBABYMETALにひれ伏してればそれでいいのだ。ましてや菊地最愛にメタルなんか不要である*7。菊地さんには、世の中のあらゆるジャンルの音楽をたくさん聴いて、ますます賢く育ってほしい*8

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 長いことエクストリームメタルを聴いてきたうえで言うが、メタルなんていうのはロクでもない音楽である。ロクでもないものを愛好するところに妙味があるのだ。たしかに演奏自体は高いスキルが要求される求道的なものであり、技術を極めれば神とも称えられるが、ファンを含めた文化全体は単細胞でクソである。そこに得も言われぬ味わいがあるのである。人間なんてしょせんアホで野蛮で、音楽を聴くにしたってただデカイ音と速いギターとおセンチなメロディー(クサメロ)が好きなだけなんだと自覚できるところがいいのである。

 楽器の演奏技術は高い。修道僧のようになって修練を積まなければメタルは演奏できない。ちょっとでもタルんだいい加減なプレイをしたら、それはもう原理的にメタルではない。常にヤル気をみなぎらせ、神経を張り詰めていなければならない。体幹の強さと指先の繊細さが同時に求められる。つまり、メタルをやってる連中は人並み外れて真面目でひたむきで根気強く、また練習で忙しいから人の道を外れてるヒマなどないのである。そうまでしたうえで、やってるのはメタルなんである。笑いが止まらない。ただしブラックメタルに限っては、ベクトルが死に向かっているので、たるんだりヤル気がなかったり人の道に外れたりするのも仕様である。

 「メタル」って本当のところは、生まれが上品な人たちがお上品にキレイに作り上げた音楽だという気がする。70年代のファンクやパンクに慣れた耳で聴くと、金持ちの子弟が通う寄宿学校から出て来た音楽みたいに聞こえる。アホもあくまで「フリ」だし、根がお上品だからどうしてもハメを外せなくてカッチリと隙間なくまとめてしまう。そこらへんが、生まれが下品でボキャ貧な人間からすれば「ダサい」としか言いようがないし、だからそういうお高くとまった音楽を形だけでも壊してくれたエクストリームメタルに必要以上に共感したりするわけである。メタルに関する言説って、本当に細かいことをぐちゃぐちゃよく語るしな。「知識」がすごく重視されてて、つくづく真面目な人たちだと思う。

 メタル道に邁進するのもいいですけど、ここはひとつブーチー・コリンズでも聴いてなごみませんか。

 ファンク万歳。

 

 

とか言いながら実際に聴いてるのはPainkillerだったりします

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 今おれは人畜無害な In Flames の "Colony" を聴きながらこれを書いてるが、なんだかんだ言っても飽きないぞ。本当はさらに人畜無害な隠れSonata Arcticaファンでもあるが、なぜ隠れなければいけないのかはわからない。なんとなく隠れたい。

 

 超絶ドラマーのRomain GoulonがいたDisavowedは、ブルデス(Brutal Deathmetal)の中でも荘厳さと気品が感じられるバンドであった。

 

 Disgorge (Mex) は一貫して好きです。しかしこんなもんを菊地さんに聴かせようとは思わんよな。なんでメタラー諸君はBABYMETALを仲間に引き入れようとするんだい。「来るんじゃない!」って言うのが普通じゃね?


 ゴアグラインドってどうしてもサウンドがスカスカになりがちだけど、Disgorge (Mex) は重厚感をちゃんと表現できているところがいい。メンバーの音楽性が高いからだろう。緩急自在で聴きどころがみっちり詰まってるし、ドラムの人も音楽がよく身についてる気がする。単位時間あたりに投入されてる情報量と精神の分量が多くてコスパが高い。フリージャズの発展形態とも言えるし、今でも聴くたびに静かに "感心" してしまう。本音を言えば、メタルというジャンルで本当に聴く価値がある作品は、この "Forensick" 以外にはそんなにないんじゃないかと思っている

 菊地最愛に本気で「メタル」をやらせようなんていうのは、正気の沙汰ではない。もちろん曲の作り手にとってはメタルは単なるモチーフにしかすぎないはずだが、問題は昔のアイアン・メイデンやスレイヤー、あるいはハロウィンあたりに淡い郷愁を抱いてるオッサンがBABYMETALを目撃して、なにかメタルが素晴らしいものであるかのような観点から、BABYMETALを仲間に引き込もうという色気を出してることである。「メタルの復権」とか、真面目なバカは言うことがふるっているメタルとBABYMETALの間には地底世界と成層圏くらいの距離があるのに、メタルの分際で何をトチ狂っておるのだ。まあそんなヤカラよりも菊地さんのほうが百倍賢いはずで、メタルのことなぞ鼻で笑ってボキャブラリーの一つとして消化できると信じてはいるが、こうも周りがメタルメタルと騒ぐと、どこまで正常な距離感を保てているのか心配ではある。レディング・フェスでの「stay metal」発言がリップサービスで終わることを祈るしかない。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 「BABYMETALはメタルであると完全に認知された」とか、いまだにつまんないところで思考がストップしてる御仁がいるが、本当にどうでもいい話だ。

 だって、「BABYMETALは新しい価値を創造してる」んだって君らはよく言うじゃない。
 だとしたら、BABYMETALはメタルである必要がない。そんだけのことじゃないの。

 そもそもジャンルの区分けの話自体が不毛である。舞台があって演者がいて観客がいて、その3つで出来上がるものは、全部「演芸」っていうひとくくりで捉えたほうが真っ当な評価ができる。メタルだろうがポップスだろうが、アイドルだろうが「アーチストww」だろうがどっちだっていい。「演芸」として面白いか面白くないか、それだけのことだ。

 

f:id:lookwho:20150926050832j:plain

 

*1:BABYMETALは、3人の表立ったストーリーは設定されていないのに、なにかステージに至るまでのドラマ含みのように感じられる。ライブ全部が演劇のクライマックスシーンみたいだ。

*2:暴虐ではあるが、ストップモーションをかけると、どこで切り取ってもその瞬間のためにポーズをとったように姿かたちが美しいのである。

*3:さくら学院中元すず香に対する私の印象は、ひとことで言うと「乱暴な人」である。喋るにしろ歌うにしろ踊るにしろ、過剰で暑苦しくてとっちらかっている。しかしそれくらいの衝動というか表現欲求がなければ伸びしろもないわけだから、金平糖のイガイガの隙間は後で埋めればいいのである。それをとりあえず埋めたのがBABYMETALであり、とっちらかった手足を後ろから糸を引いてつなぎ止めているのが、持って生まれた "品性" であろう。乱暴にもなれないような才能はしょせん小さく終わるし、品性がなければただの無法(やっかい)者である。

*4:いったい何の義理があって中元すず香がメタルを救ってやらねばならんのだ。図々しいにもほどがあろう。「いえ、他に困っている人がいると思いますから、救うならそちらを先にお願いします。私は大丈夫です。漢ですから」と言うのが、恥を知る者のせめてもの矜持ではないのか。それを、ちょっと施しを受けたくらいでメタルだメタルだと鼻を膨らませる。あさましい餓鬼である。

*5:いちいち項目を挙げて、BABYMETALがメタルであることを論証しようとする人間がいる。海外にもいる。そこまで躍起になる動機がわからない。BABYMETALが晴れてメタルの認定を受けたとして、それがグループの価値向上にどういう効果があるんですか。なぜメタルみたいな(ロクでもない)既製の価値に寄りかかる必要があるんですか。"メタル" の何がそんなにすばらしいんですか。BABYMETALの3人をメタラーにしたいんですか。メタルと距離を取らせようとするのが、まともな感覚なんじゃないかとあたしは思いますけどね。メタルの恐ろしさを知らないとしか思えない。BABYMETALがメタルなんか大ッキライ」って言ってくれたら、メタル好きの私は「そーだよなー」って深く納得します。観察した限りでは、BABYMETALが真正のメタルだと主張したがる人間は、まだメタルというものが自分にとって新鮮である人たちのように見える。

*6:BABYMETALというユニットを愛さずに3人の人間を愛せ。

*7:いちおう言っておくが、私はゴアグラインドとブラックメタルとブルータルデスメタルが大好きである。そして自分を含めた中高年には、「おまーらみたいなオッサンとBABYMETALは住む世界が違うのだ」と言うしかない。寂しいことだが。

*8:わざわざOne Directionの名前を挙げた菊地さんの知性とセンスと諧謔とアイドル研究家としての抜かりなさがわからんやつは、MOAMETALに蹴られて死ぬのがせめてもの情けというものだ。

f:id:lookwho:20170606083432p:plain