必要とする人間がいる限り

セカンドのこの "いっちょあがり" 的な充足感が、作品を決定的につまらなくしている。満ち足りて怨念がなくなった瞬間に、その表現形態の役目は終わるんである。