中元すず香さんが好きです

卒業しましたけど

更新じゃないです

すず香先輩に感化されて、人生の傍観者でいるのはやめよう、自分の人生を生き直そう、仕事でもう一花咲かせたれと思って、年初からブログをやめてというか音楽や趣味全般をやめて、仕事の幅を広げる勉強を続けてきて、軌道に乗ってきたのでついでにこのクソブログも非公開にしてスッキリして、これで八十までは現役だあって感じだった。それはそうなんだが、非公開にした時期と新生BABYMETALの開始が重なったもんだから、もしかしたら新体制にヘソを曲げて、それでブログを閉じたように見えるかもしれんなと思った。

そういうことじゃないです。中元すず香の存在を咀嚼して、エキスが骨に浸透したので、もうリアルなすず香先輩に頼らなくても大丈夫になっただけです。実際あと何年生きられるのかはわからんけど、私はあきらめずに自分の人生を生きます。

新生BABYMETALは、頭にああいうものを被ると顔がぶちゃいくに見えるから、そこは非常に問題があると思いますが、ここ数年の退屈さと比べて、演芸としては格段に面白くなりました。ダンサーの存在もすばらしい効果を上げています。最愛さまも「センター感」が前面に出ていて、菊地最愛ほんらいの味を(ぶちゃいくでも)取り戻しつつある気がします。「むしろサイドには向いていない」人なので。*1
すず香先輩は相変わらずな雰囲気であるとはいえ、なんか憑き物が落ちたみたいに、水の中で歩いてる感じが消えました。ぱっつんぱっつんな無理筋もなくなりました。あぶなっかしくない中元すず香ってどうなのよとも思います。そうすると、ぶちゃいくでありつつ鼻持ちならないメインボーカルということになりますが、鼻持ちならないすず香さんは大変魅力的です。

水野さんについては、BABYMETALに戻ることが無条件に最良の帰結であるという、ファンの発想が私にはわかりません。なんでいつもBABYMETALに最上の価値が与えられるのでしょう。その枠は外してはいけないのですか。最終的に元に戻れば、その過程で何があってもいいわけですか。「大丈夫」の意味がわかりません。実際にどうなるかということではなく、考え方の問題です。

まとめると、ショーとして、BABYMETALはとってもいい感じで改善されたと考えてます。つねづね気になっていた、どことなくイヤ~な感じがなくなりました。そしてそうなると、皮肉なことにこちらの関心の度合いも一方的に低くなっていく予感がしますけど。中元すず香さんは、むき出しの人間性で勝負するよりも、なんか頭がイイっぽい方向に舵を切った印象があります。

あそれから新曲ですね。それについても、セカンドアルバムにあった、ぎこちないくせに嫌味に振れた感じがなくなりました。「BABYMETAL」としての気負いがなくなったというか、最新の「日本のトレンド」にようやく追いついてきたみたいに聞こえます。ここしばらくは、たいしてトンガッた音楽をやってるわけでもないのに、意識だけ高い系でズレてる雰囲気があったけど、他の若い音楽と同じ土俵で戦えるようになったと言いますか。

 

*1:メイトさんたちにとって今のBABYMETALは「暫定」なのかもしれませんが、私は非常に気に入ってます。ここ2年くらい鼻で笑って見ていた態度が一変しました。ちょろいです。

広告を非表示にする

f:id:lookwho:20170606083432p:plain